物づくりコンテスト

一般社団法人むすびでは「物づくり」を通して、オリジナリティ溢れる商品などのアイディアやデザインを障がいをも個人・支援団体の皆様を対象に募集します。

・こんな商品があったらいいな
・自分の絵が広まってほしい
・このデザインは自信あり!
・このアイディアは役に立つはず!

と思っている方、ぜひチャレンジしてください!!


「こんな絵を描いた!」「こんなものを作ってみた!」「あんなものを作ってみたい!」など皆様の自由な発想で、素敵なアイディアやデザインを応募してください!
応募のあった作品のうち、特に素晴らしいものについては制作費用の負担及び専門家によるプロデュースを無償にて行い、商品として販売できるよう市場開拓や宣伝活動などの支援をします。
障がい者の皆様にとっても、このコンテストを通してアイデアやデザインを考える喜びや、想いが実現する可能性を感じていただければと考えています。また、経済的自立の一助になれれば嬉しく思います。

1.募集期間
令和2年3月1日 ~6月末日まで
※郵送の場合は当日消印有効

2.対象
・障がいをもつ個人
・障がい者施設
・障がい者の支援団体

3.参加費
無 料

4.賞 品
●グランプリ  1点:商品化に伴う費用及びプロデュースをいたします
●優秀賞    1点:賞金5万円
●アイディア賞 1点:賞金3万円

5.発表 令和2年10月初旬

6.応募方法
下記よりエントリーの登録をしてください。エントリー後追って応募用紙を
郵送またはデータでお送りします。

※お申込みはこちらをクリック

応募・審査・プロデュースの流れ        PDF

 

皆様からのご応募お待ちしています!

 

 

審査員のご紹介

 

松本 徹 (Toru Matsumoto)

・クリエイティブディレクター
・株式会社ブランドM代表取締役
・日本デザイン学会JSSD会員
・東京モード学園グラフィック学科講師

 

 

広告代理店、大手外資系化粧品会社にてシニアディレクターとして主導。アップルコンピュータでのDTP導入、日本に於ける初の商用印刷を実現させる。マクドナルド専任ディレクターとしてマックカフェのブランディング開発に取り組み市場導入と現在に至る成長に貢献する。2019年から東京オリンピックパートナー企業によるTOKYO2020プロモーションに携かわる。

 

 

佐々木 康裕 (Yasuhiro Sasaki)

・元トゥモローランドクリエーティブディレクター
・株式会社ビヨンドワークス代表取締役

 

 

26年に渡る(株)トゥモローランド在籍中、メンズ事業部創設、事業部長として営業、生産、販売促進、店舗運営の統括を指し、販売促進部長として会社全体の販促、イベントのプロデュースも行う。多くの海外訪問を通じ異文化に触れることで審美眼を磨き、さまざまな視点からのマーケティング分析にも厚い信頼を得ている。現在は今までの経験とネットワークをベースにブランド、ショップの企画立案から立ち上げ、運営までの幅広いコンサルティングを展開している。

 

 

 

椿 邦司 (Kuniji Tsubaki)

・椿建築デザイン研究所代表取締役
・一般社団法人国際里山文化協会代表理事
・公益社団法人国際茶道文化協会理事
・元東京都北区区議会議員

 

ヨーロッパを中心とする世界各国訪問でインテリアデザインに触れる。帰国後本格的に建築デザインを学ぶ。日本の伝統とモダンデザインの融合から住宅から茶室までトータルにライフスタイルを提案する椿建築デザイン研究所を設立。現在も「伝統と革新」をテーマに日本の茶室空間・まちづくり・ものづくり・里山文化までインバウンドを意識した国際化の中で日本文化を世界に発信する活動に力をいれている。

 

 

大石 明恵 (Akie Oishi)

・一般社団法人むすび代表理事
・帽子デザイナー

 

 

幼いころに事故により左手に障がいをもつ。「障がいがあっても何でもできるように・・」という母の厳しい愛情のお蔭で、明るくチャレンジ精神旺盛女な女性に成長。自身の経験から障がい者が希望をもって生きられる社会の実現を目指し一般社法人むすびを設立。また、感性溢れる斬新なデザインが人気を集める帽子デザイナーとしても活躍中。